AR(エーアール)とは、3DCADやCGで作ったデータを現実の世界に映しだす技術です。 ARを活用することで、家がその場所に建った時の完成イメージの確認等ができます。 弊センターでは、3年ほど前から、この技術を東日本大震災の復興計画に活用していました。  Autodesk ...