構造最適化とは、許容変位や応力から目的・用途に合った最適な形や材料を解析し求めます。
構造物のパラメータを設計変数として最適化する「寸法最適化」、
構造物の形状を設計変数として最適化する「形状最適化」、
構造物の位相(トポロジー)を設計変数として最適化する「トポロジー最適化」、
構造最適化の図
他にも格子最適化などがある。
格子最適化


質量を最小にするというような設計上の狙いを「目的関数」、
寸法などの変更可能なパラメータを「設計変数」、
満たすべき設計基準などを「制約条件」とし、
制約条件下で目的関数を満たす最適な設計変数を導出するのが最適化です。
要するに、ある工学的な目的を達成するために、その構造の幾何を最適化するツールのことです。

これまでのシミュレーションソフトは、
構造解析を行い、構造の形や材料、境界条件などから変位や応力を求めるものでしたが、
構造最適化は、許容する変位や応力から最適な形や材料を求めるものなのです。
図1


こちらのブログ記事も参考にしてください。
○ジェネレーティブデザイン
 http://home3ddo.blog.jp/generative-design


【その他、参考サイト】
○CADJapan
 既存概念にとらわれないトポロジー最適化とは?
 http://www.cadjapan.com/topics/3dcad/151102_topology.html
 キャプチャ

 重量と性能のトレードオフ問題を解決する環境づくり
 http://www.cadjapan.com/topics/3dcad/151210_tradeoff.html
 キャプチャ2

○NAVERまとめ
 http://matome.naver.jp/odai/2143746735611497301
 キャプチャ4


○京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻 生産システム工学研究室
 http://www.osdel.me.kyoto-u.ac.jp/members/overview_nishiwaki.html
 キャプチャ6


○オートデスク株式会社
 Autodesk Simulation Day 2015-Autodesk Simulation最新開発情報
 キャプチャ5

○Femap with NX Nastran - 3D optimization of a bridge





 
Fusion 360について
Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)