misumi01
機械加工製品の販売などを行う、MISUMI(ミスミ)では、
昨年からプレス金型・プラ型用標準部品カタログに掲載された全ての部品情報と、
2Dおよび3D CADデータの自動生成機能を備えた
金型設計支援ソフトとして、3DCADへのアドインソフト「Mold EX-Press」があります。
misumi02

以前はカタログやネットで欲しい部品を調べてデータをダウンロードして保存し、
CADに読み込んで配置するという流れでしたが、アドインソフトを入れると、
CAD上に直接データを読み込んできて、部品表が作成でき、見積書、発注書の作成まで行えます。

misumi03

misumi04

SOLIDWORKS2015で試しにやってみた


アドインできるCADソフト
・SolidWorks 2009~2015
・AutoCAD 2004~2016
・CATIA V5R19~21
・NX 4.0~10
・Pro/ENGINEER Wildfire 2.0~5.0、
・CREO 1.0~3.0(プラ型用のみ)

NX、Pro/Eの場合、
エジェクタピンなどを配置後、プレートに穴も同時に空けてくれる。

本当に金型設計時間が半分になるか試してみてはないが、
今までよりも便利になったのは確かであろう。

詳しくは、Mold EX-PressのHPを御確認ください。
インストールメディアの申し込みも下記からになります。
https://www.moldex-press.com/jp/

 
Fusion 360について
Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)