Fusion360の今後のUIについて検証してみました。
現在、基本設定のプレビュー機能として、UIをお試しで使用することができます。
1

画面右上のアカウント名をクリックして、基本設定をクリックします。
次にプレビューをクリックして、UIプレビューにチェックを入れます。
※本や動画と合わせたい場合にはチェックをはずします。
2

※英語になっている場合もあります。
図1


※2019年8月14日で、UIプレビューが正式なUIとなったことにともない、旧UIへの戻し方が変わり、基本設定の一般から行うようになりました。
図1
詳細は、こちら⇒http://home3ddo.blog.jp/fusion360-update-20190814




6

今回は、この新しいUIを「UIプレビュー」とします。
作業スペースの切り替えをクリックすると、モデル、パッチ、シートメタルがなくなっています。
「デザイン」の中にまとめられていました。
7


8


上のタブをクリックして、ソリッド、サーフェス、シートメタル、ツール(検査など)を切り替えます。
9

スケッチを作成する場合は、スケッチを作成をクリックして平面を選択すると、
スケッチメニュータブメニューが出て来ます。10

これまで、平行や垂直などの拘束は画面右側のスケッチパレットにありましたが、
画面上に移動しています。
11


デザイン以外の作業スペースには、大きな違いはありませんでした。
12


シミュレーションの作業スペースは、設定と結果のタブに分かれていましたね。
13


今回の検証は以上になります。

ここまでの説明を声入りの動画にして、Youtubeに投稿しました。
ご参考までに見て頂ければと思います。





Fusion360の公式ブログでの状況は、こちら
https://www.autodesk.com/products/fusion-360/blog/ui-modernization-update/




 
Fusion 360について
Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)