Fusion360のシミュレーション「単純化」機能を色々と試してみました。

こちらの機能は、2017年9月7日のアップデートで追加された機能です。
https://www.autodesk.com/products/fusion-360/blog/september-6-2017-update-whats-new/
simulation-simplify

 ↓単純化ボタンを押すとメニューが切り替わります!
simulation-simplify2

簡単に言うと、シミュレーション用のモデルを作成することができます。

詳細に設計したモデルを解析しようとすると、境界条件の設定、結果評価ともに複雑になってしまいます。
そこで、まずは大雑把な形状のみのモデルを使って解析条件を確認することで、境界条件や結果が妥当か判断します。
形状が複雑になれば剛性も低下します。単純モデルで強度を満足しない場合は形状を複雑にしても強度不足は解決されません。
直方体のソリッドモデルなど極単純なモデルで様々な解析を試すことで線形静解析の特徴や有限要素法のクセの理解に役立ちます。
モデルを単純化

Fusion360では、単純化メニューのフィーチャ削除を使用することで、
フィレットや面取りなどを削除することができます。どこまで削除するか、単純化するかをパラメータで調整可能になっています。
フィーチャを削除

動画


動画にあるとおり、「モデル」の作業スペースに切り替えると、元のモデルに戻ります。
simulation-model


また左右対称の部品の場合、モデルを半分にしてシミュレーションすることで、解析計算時間の短縮や剛体移動を防ぐことができます。
モデルを単純化2

その半分モデルを作成する際に、こちらの単純化から行うことで、シミュレーションを行うときだけ半分のモデルを使うことができます。
つまり、解析用のファイルを別ファイルで保存する必要がありません。
これはデータを管理する上で非常に楽ですね。

単純化したモデルを名前をつけて保存したり、別ファイル形式にエクスポート(出力)することもできます。
export-cae


単純化は、単純化するだけではなく、機能としてスケッチや押し出し、サーフェスの機能もあるので、形状を追加して剛性を上げたモデルで解析を行ったり、長さを伸ばしたモデルで解析を行うのをスムーズに行うことができます。そして気に入ったモデルがあった場合には、名前をつけて保存やエクスポートすれば良いのです。

【動画】Fusion360 単純化機能を活用した比較シミュレーション


またアセンブリ解析を行う際には、解析から除外したい部品を除去することも可能です。
モデルを単純化3