2020年10月1日から、Fusion360の無料の個人ライセンスでの利用での機能に変更があるようです。変更点には、強度や熱のシミュレーション機能が使えなくなったり、データの書き出し、読み込みの種類の制限などが大きい変更点かなと思います。

変更後の個人用 Fusion 360 
設計:2D/3D コア対応 CAD ツール
電子機器:回路図シート 2 点、レイヤ 2 点、80 cm2 の基板領域
製造:2.5 軸加工、3 軸加工、旋盤、熱溶解積層造形(FFF)、ファブリケーション
ローカル レンダリング
書き出し:STEPSTL、OBJ、F3Z、IPT、FBX、SMT、SKP、DXF (スケッチから)
読み込み:標準ファイル形式(リストへのリンク)
クラウド ストレージ:最大 10 点のアクティブなドキュメント
コラボレーション:基本アクセス(ヘルプへのリンク)
図面:単一シートの印刷

スクリーンショット 2020-09-19 073220


最新情報・詳細は、公式ページを確認ください。
 


公式ページの動画で説明されていますが、今回の個人ライセンスの機能制限の経緯として、不正使用があるようです。企業での営利目的での使用の場合でも無料の個人ライセンスでの利用が見られるようです。Fusion360を開発するにも多くの経費がかかるでしょうから、機能が制限される、少なくなるというのは残念なことではありますが、今後Fusion360がより使いやすくなっていくためには不正利用をなくしていくことは必要なことで、今回の機能制限も仕方がないなのかもしれませんね。

学生の方は、学生ライセンスというものがあり、個人ライセンスとは違い、今回の機能制限がなく使用することができます。


上記の変更もあってか、ラストチャンスとして、現在、Fusion360のお得なキャンペーンが実施されています。2020年10月16日まで最大40%オフと大変お買い得のようですので、Fusion360を営利活動で使われる企業の方やフル機能を使いたい方などは、この機会を逃さず購入されては、いかがでしょうか。
スクリーンショット 2020-09-16 193055

Autodesk(オートデスク)


Fusion 360 は、設計者、エンジニア、機械オペレーター向けのプロフェッショナル ツールで、設計から開発、製造までのプロセスを統合プラットフォームで一元管理できます。このHome3Ddoのサイトでも使い方の動画などを掲載していますので参考にしてみて頂ければと思います。

Fusion360勉強部屋




 
Fusion 360について
Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)