Fusion360は様々な3Dデータを読み込んでくることができます。

今回、
Fusion360のパッチ(サーフェス)機能を使用して読み込んできたデータの修復について動画付きでまとめてみました。

●インポートデータの修復-1
data-check
Fusion360では、データの検証を行うことができます。
※検証コマンドは、データ履歴をキャプチャしない設定のときだけ使えます。



●インポートデータの修復-2
delete




●インポートデータの修復-3
men


●コーナーブレンド
brend-coner1
blend