Fusion360を企業として購入して使用する場合に、レンダリングやシミュレーションをクラウドを使用して計算させるためには、クラウドクレジットというものを購入する必要がある。(Fusion360を購入した際に、いくつかクラウドクレジットは付与されるようだ)

例えば、シミュレーションをクラウドで行う場合には、
credit-fusion360

そこで気になったのが、1クラウドクレジットは、何円なのか??
調べてみたら下記のサイトが見つかりました。
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/fusion-360/learn-explore/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/Autodesk-Fusion-360-Changes-to-Benefits-November-2016.html
クラウドクレジット

1クラウドクレジットが1ドルで100クラウドクレジットから購入できるとなると、1ドルを約100円と考えると、100クラウドクレジットを購入しようとすると10,000円(一万円)ということになりますね。
簡単なシミュレーションであれば、500円で、複雑なシミュレーションになると1,500円以上するってことですね。
これって、どうなんでしょう?
高いと考えるか安いとみるか?
シミュレーションソフトって、数百万円しますから、それを考えると安いのですかね?
でも気軽に計算させれないところもありますね。
計算させる前に、きちんと設定を確認して慎重になりそうです。
もし失敗したら上司とかに怒られるのでしょうかね??

クラウドを使うメリットとしては、自分のパソコンに負荷がかからないので、計算中に他の作業が進められることですね。

クラウドクレジットの購入やクラウドサービスの確認を行うには、
manage.autodesk.com にアクセスし、管理からマイクラウドクレジットへ
クラウドクレジット-autodesk