Fusion360のパッチ機能(サーフェス)について紹介です。

Fusion360で曲面を作成する際は、スカルプ機能がありますが、
他のCADで作成されたデータをインポートしてきた際に、
面抜けなどの不具合があった場合に、
パッチ機能を使い面を修復してソリッド化したい場合などに利用することになると思います。

また、検査機能を使い、抜き勾配や曲率チェック、ゼブラ解析などの機能もあります。

生産技術などの生産部門でのビューアとしても利用できますね♪



Fusion 360について
Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)