作成もしくは読み込んできた3Dモデルをレンダリングの機能に切り替えると、簡易的なレンダリングがされます。
ここで、外観をドラッグ&ドロップで設定し、あとは明るさや角度などのシーンを設定し、最終のレンダリングの計算を行います。
計算はクラウドを使うこともできます。←これ便利♪
画像などを転写(デカル)することもできます。



ある程度、今の3DCADには、レンダリング機能がついていますが、これが無償・安価な3DCADで出来るのはプレゼンなどにも利用でき魅力的ですね♪
Fusion 360について
Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)