AR(エーアール)とは、3DCADやCGで作ったデータを現実の世界に映しだす技術です。

ARを活用することで、家がその場所に建った時の完成イメージの確認等ができます。

弊センターでは、3年ほど前から、この技術を東日本大震災の復興計画に活用していました。

 

Autodeskユーザー事例:

http://static-dc.autodesk.net/content/dam/autodesk/www/suites/autodesk-infrastructure-design-suite/docs/pdf/大槌町_いわてDEセンター.pdf

autodesk-infraworks-19-638

 

価格も安価、無償なものが沢山出てきて、
気軽に
VRAR3Dを使える時代になってきましたね(^O^)

 


 

ちなみに、動画は、eDrawingsと言って、SOLIDWORKSのデータを見るときに使用するソフト、アプリなのですが、数百円で購入できます(^O^)V
写真 2016-04-14 7 31 46

Fusion 360について
Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)

Autodesk(オートデスク)