Home3Ddo 家で気軽に3Dを楽しめる時代へ

東北にある岩手県北上市から3DCAD・3Dプリンタ等のデジタルファブリケーションツールの学習・勉強になる情報を発信するサイト

カテゴリ:Fusion360 応用編

Fuson360でセキュリティが心配なら2段階認証という機能があります。2段階認証を設定するとログイン時に登録メールアドレスとパスワードを入力後、さらに登録した携帯電話に送信された暗証番号を入力することでFusion360にログインします。 設定が完了して改めて起動すると、 ...

Fusion360では、作成した履歴が保存することができ、後から修正することが可能です。同じコマンドを使用しても作成する順番によって、形状が異なる場合があるので注意が必要です。動画例 履歴を保存しない方法もあります。メリットとして、履歴を保存しないと使用できるコマ ...

3DCADにおいて、モデリング手法は大きく2つに分けられます。作成していく履歴(ヒストリ)を保存(キャプチャ)していくパラメトリックモデリング、作成していく履歴(ヒストリ)を保存(キャプチャ)しないダイレクトモデリング Fusion360では、両方のモデリング手法が使え ...

Fusion360で作成したデータを他の人と共有する方法の1つとして、パブリックリンクの共有があります。データパネルのデータを右クリックし、設定をします。   ...

Fusion360のデータは、クラウドに保存されます。保存ボタンを押して保存する場所は、クラウドのみです。では、パソコンのローカルやUSBに保存したい場合は、どうしたら良いのでしょうか。Fusion360では、エクスポートという形でデータを出力、アウトプットする形になります。 ...

Fusion360に外部ファイルデータを読み込んできた場合の修復と修正方法について説明します。外部ファイルをアップロードしたり、開くから取り込んでくると(方法については、こちら)、「デザイン履歴をキャプチャしない」設定になっています。下のタイムラインがない状態(詳 ...

 Fusion360をインターネット接続できない環境で使う場合について紹介します。パソコンがインターネット接続できていない場合、自動的にオフラインで起動されて作業できます。※ただし、前回終了する際にサインアウトして終了している場合には、必ず一度ネットに接続してサイ ...

みなさん、人体モデルをつくれる無料ソフト「MakeHuman」を御存じでしょうか。今回はMakeHumanで作った人体モデルを非営利では無料で使える3DCAD-Fusion360に読み込んで編集する流れをご紹介します。まずは、MakeHumanのインストールについては、こちらhttp://www.makehumanc ...

Fusion360では、スケッチを作成する面として選択した輪郭が自動で抽出されます。そのため、『スケッチ作成』をクリックして、作成した形状の面をクリックし、何もスケッチせずにスケッチを停止するだけで、選択した面の輪郭がスケッチとして出来上がります。そして、スケッチ ...

Fusion360には、「パラメータを変更」という名前の機能があり、こちらで定義したパラメータの値を変更して設計変更を行ったり、パラメータを事前に定義しておいて、スケッチ寸法や押し出しやフィレットなどのフィーチャ―を定義する際に事前に定義したパラメータの名前を入力 ...

Adobeの無料3Dアニメーションサービス「Mixamo(ミクサモ)」を知っていますか?3Dのキャラクターデータを入力し、間接を設定して読み込み、あとは動きのテンプレートを適用することで自分が作成した3Dモデルのキャラクターを簡単に動かすことができちゃいます。PCにソフトを ...

↑このページのトップヘ