GWに久しぶりに3Dプリンタを動かしてみて、改めて感じた不具合時の対処方法について、まとめてみたいと思います。

今回、久しぶりに動かしてみたのが、「Anycubic Mega X」と「Creality Ender 3 Pro」の2台。どちらもフィラメント材料を熱で溶かして積層する熱溶解積層方式(材料押出、FDM)の3Dプリンタです。
写真 2023-05-03 12 11 39





どちらもファーストトライは失敗でした。。。

「Creality Ender 3 Pro」は、ノズルとプレートの高さ調整をしたら、うまく造形できるようになりました。完璧とまではいきませんが、最後まで造形ができ完成までいきました。
写真 2023-05-04 14 50 10

「Anycubic Mega X」は高さ調整をしてもダメで、次に疑ったのが、材料を供給するエクストルーダーの部分。挟み込み具合が材料が安定的に供給されていませんでした。こちらも完璧とまではいきませんが、最後まで造形ができ、最初よりは品質もよくなりました。
写真 2023-05-04 14 47 40

上記の写真で各3Dプリンタで造形された物の色が赤と青とありますが、フィラメント材料の不具合かどうかを確認するため、交換してトライしたからです。

フィラメント材料が湿気を吸っていたり、一定の太さになっていなかったりなど材料品質が悪いのが原因で造形不具合を起こす場合もあるので、造形が上手くいかないときは材料を変えてみるのも1つの手です。

今回、久しぶりに動かしてみた3Dプリンタで起きた不具合から、対処方法について整理してみると、

①フィラメント材料の品質は、大丈夫か?

②ノズルとプレートの調整は、大丈夫か?
 
プレートから造形物が剥がれる場合には、糊やスプレーが有効的な場合あり。

③材料供給(エクストルーダー)は、大丈夫か?


その他
④スライスデータの設定は、大丈夫か?
 造形ピッチ、造形スピード、サポート材、ノズル温度の設定など

⑤部品が劣化しているところはないか?

この辺りを先ずは確認してみると良いのかなと思います。

テストプリントするときのスライスデータや材料を準備しておくと良いですね。
また消耗品で交換が必要な部品は購入しておくと直ぐに交換して試させて良いですよ。





少しでも参考にしていただければ幸いです。