PP材料で3Dプリントできる機種と材料について、調べてみました。

材料としては、BASF社のUltrafuse PPというのがありました。


700gで約1万円程度なので、通常のフィラメント材料よりは高いですが、そこまで高額ではないですね。

PPの良さとしては、比重が軽く、ソフトでなめらかな材質でありながら機械強度(引っ張り強度、圧縮強度、衝撃強度)が高いのが特徴で、自動車部品や電化製品、容器類などに使用されています。

しかし、3DプリンターでPPフィラメント材料を造形するには、注意が必要のようです。PPは収縮が非常に強く、反りが発生してしまいます。それを防ぐために専用のシートがありました。




PPフィラメントを造形できる3Dプリンターを探したところ、「Raise3D」がありました。その中でも安価で高性能はものとして、「Raise3D E2」がありました。税抜で約50万円程度でした。


Raise3D E2は、ノズルが2つあるため、PPフィラメントの他に、サポート材には別な材料を使用するのも可能そうです。
画像_2023-03-03_115202265

「Raise3D E2」とても魅力的なんですが、個人で購入するには、価格面でハードルが高いですね~


他にも調べてみたところ、以下の3Dプリンタを検索で見つけました。






PPそのままではないですが、カーボンファイバーが入ったCF-PP、グラスウール入りのGW-PPに対応した3Dプリンターもありました。


PP-GW対応


機会があれば、PPフィラメントの造形にチャレンジしてみたいです!