3次元ものづくりとは、
3次元CADで作成した3次元データを
CAEソフトで解析をしたり、RP機器(3Dプリンタ)で試作をしたり、
CAMソフトで加工プログラムを作成する等、 
3次元CADで作成した3次元データを中心にものづくりを行うことです。
3次元ものづくり2

3次元データを有効に活用することで、
より良い品質のものができ、コストダウン、納期短縮にもつながります。