Home3Ddo 家で気軽に3Dを楽しめる時代へ

東北にある岩手県北上市から3DCAD・3Dプリンタ等のデジタルファブリケーションツールの学習・勉強になる情報を発信するサイト

2020年10月1日から、Fusion360の個人ライセンスでの利用での機能に変更があるようです。変更点には、強度や熱のシミュレーション機能が使えなくなったり、データの書き出し、読み込みの種類の制限などが大きい変更点かなと思います。変更後の個人用 Fusion 360 設計:2D/3D ...

デジタルエンジニアリング、デジタルエンジニアという言葉を聞いたことはあるだろうか?デジタルエンジニアリングとは、ものづくり製造業において、3DCADをはじめとしたCAEやCAM、3Dプリンタ、3Dスキャナなどの3D技術の活用から、IoTやAI、VR、ロボットなどの最新技術を組み ...

今日、Fusion360を起動したら、画面の上に「ジェネレーティブデザインによる設計の生成で、初期費用が不要になりました。」というメッセージが出てたんですが、これは本当ですかね!?すごく有り難い♪♪実際に設定をして生成のボタンを押したら、「おめでとうございます!」 ...

Fusion360には、「パラメータを変更」という名前の機能があり、こちらで定義したパラメータの値を変更して設計変更を行ったり、パラメータを事前に定義しておいて、スケッチ寸法や押し出しやフィレットなどのフィーチャ―を定義する際に事前に定義したパラメータの名前を入力 ...

Fusion360の画面の右上にあるViewCubeについて纏めてみました。正投影(平行投影)とパース投影(透視投影)の違いについては、こちらのYouTube動画で分かりやすく解説されていますので参考にしてください。 動画   その他、ビュー正面という機能もあり、クリックした面 ...

こちらの図面の形状の作成例を説明していきます。 完成!!動画  追記:2020年9月4日最新のUIで作成する動画を公開しました。 ...

岩手県内で3次元に関して開催される研修・セミナー・トレーニング等のスケジュール情報をまとめています。3Dプリンタや3Dスキャナの講座・講習会なども開催されています。赤色ー会場が「いわてデジタルエンジニア育成センター」青色ーそれ以外の会場リンク集岩手県内で3Dに関 ...

Fusion360でのCAMの工具ライブラリ登録ですが、クラウドに保存して、どのPCでログインしても登録した工具が使えるようにしたり、工具ライブラリをエクスポートしてインポートしてくることが可能です! ...

昔はツールパスのシミュレーションで削り残しを確認する方法が形状を透明表示にして目視で確認するしかなかったのですが、今は「比較」という項目ができて色で分かるようになってるとです。便利♪ ...

先週、Fusion360のCAM講習会を行っていて、意外と知られていないと思ったのが、加工シミュレーションした結果の形状(ストック)をSTLで保存できること!ストックを保存しておいて、仕上げ等のツールパスの加工シミュレーションする際に右クリックから読み込んでくると非常に ...

これからFusion360を始めよう!と思われている方、そして更なるスキルアップを図りたい!と思われている方は、ぜひ、一度、公式のFusion360のYouTubeチャンネルを見て欲しいです!とても充実しています!!【公式YouTubeチャンネル】Fusion 360 Japan https://www.youtube.c ...

Fusion360では、スケッチを作成する面として選択した輪郭が自動で抽出されます。そのため、『スケッチ作成』をクリックして、作成した形状の面をクリックし、何もスケッチせずにスケッチを停止するだけで、選択した面の輪郭がスケッチとして出来上がります。そして、スケッチ ...

Fusion360が50%OFFキャンペーン中です!※2020 年 7 月 17 日までぜひ、この機会にFusion360を商用利用される方は、ご購入がお得です!Fusion360を勉強される人向けにブログを書いています。参考に頂ければ幸いです♪http://home3ddo.blog.jp/fusion360-summary ...
<姉妹サイト>
3DdoFactory - 岩手県から日本の製造業を応援ーものづくり製造業の3次元CAD,CAM,CAE,3Dプリンタ,3Dスキャナ,リバースエンジニアリングについて学習・勉強できる情報サイトーhttps://3ddofactory.com
いわて3D通信ー岩手県内の3Dに関する情報をまとめて発信ー岩手県内で3Dを活用している企業や学校の紹介や3次元設計・加工技術・生産技術に関する情報提供サイトーhttps://iwate3d.jp

↑このページのトップヘ