Fusion360に外部ファイルデータを読み込んできた場合の修復と修正方法について説明します。
外部ファイルをアップロードしたり、開くから取り込んでくると(方法については、こちら)、「デザイン履歴をキャプチャしない」設定になっています。下のタイムラインがない状態(詳細については、こちら

この場合、検査の中に検証というコマンドがあり、データの検証と修復が行えます。(詳細は、こちら)。
import6



また、フィーチャ検索を行い、フィレットや穴などのフィーチャを検索して左側のブラウザからダブルクリックで編集できるようになります。コマンドは、作成の中にあります。(デザイン履歴をキャプチャしない設定のときのみ)
import8

import7


あとは、修正メニューの「プレス/プル」コマンドを上手く使用することで、形状を変更することができます。
import9