Fusion360で作成した図面は、DWGファイルに出力することができます。
DWG


でも、DXFファイルにすることができません。
今回は、無料のソフトを使用して、DXFファイルに変換する方法を紹介します。


まずは、Fusion360で作成した図面をDWGファイルに出力します。
fusion360-dwg


そのDWGファイルは、他の無料の2DCADで開くと、形状線が消えてしまいます。
dwg-fusion360


そのため、一度無料の「DWG TrueView 」というソフトに読み込ませて、DWGファイルを別なバージョンのDWGファイルに変換します。
trueview-convert

trueview-convert2


DWG True Viewのダウンロード方法
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/dwg-trueview/learn-explore/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/How-to-download-DWG-TrueView.html


変換したDWGファイルを次は、無料の2DCAD「SolidEdge 2D Drafting」に読み込んできます。
solidedge2ddrafting01

形状線がきちんと読み込まれています。
solidedge2ddrafting02

名前を付けて保存を実行して、ファイル形式からDXFを選択して保存します。
solidedge2ddrafting03

これでDXFファイルの完成です。

流れをまとめると
Fusion360 ⇒ DWG ⇒ DWG TrueView ⇒ DWG ⇒ SolidEdge2DDrafting ⇒ DXF


SolidEdge 2D Drafting のインストールについてはこちらから
https://www.plm.automation.siemens.com/plmapp/education/solid-edge/ja_jp/free-software/free-2d-cad