Home3Ddo 家で気軽に3Dを楽しめる時代へ

東北にある岩手県北上市から3DCAD・3Dプリンタ等のデジタルファブリケーションツールの学習・勉強になる情報を発信するサイト

保存したFusion360のデータをコピー、移動する場合、通常はデータパネルからできます。ですが、まとめて移動、コピー、フォルダごとはできません。まとめて行いたい場合はWeb上で行います。※アセンブリや図面など、他データとリンクがある場合には、移動できない場合があり ...

GWも半分が過ぎました。GW中にやらなければいけないことは沢山あるのですが、ふと思いつきで久しぶりに3Dプリンタを動かしてみました。記憶にあまりないのですが、動かすの半年ぶりくらいかもしれません。材料がノズルに詰まらないか心配でしたが、そこは問題なく動かすこと ...

ここ最近、Fusion360が起動できない、ログインできないという相談やSNS投稿が多いので、対応策について、まとめてみました。<起動しない場合の公式サイト情報>https://knowledge.autodesk.com/ja/support/fusion-360/learn-explore/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/Fus ...

Fusion360で押し出しする際の距離入力に「アンカー設定」というものがあるのをご存知だろうか。私の認識ですが、押し出す範囲を「オブジェクト」とした場合と似ていますが、「距離」のアンカー設定は、指定した面までの距離で押し出しが行われます。距離がゼロになり、指定し ...

Fusion360で作成した図面は、DWGファイルに出力することができます。でも、DXFファイルにすることができません。今回は、無料のソフトを使用して、DXFファイルに変換する方法を紹介します。まずは、Fusion360で作成した図面をDWGファイルに出力します。そのDWGファイルは、他 ...

3DCAD-Fusion360をはじめて使う人向けにポットを作りながら学ぶ教材を動画付きで公開します。【SlideShare】 Fusion360入門-ポットの作成 from Teruki Obara 【Youtube動画】   ...

先日のFusion360のアップデートについて、新しく追加された主な機能について紹介します。(1)板金(シートメタル)にスケッチ線で板を曲げることができる機能が追加されました。 (2)CAMのシミュレーション機能に「比較」が追加削り残しが色で分かるようになりました。 ...

Fusion360では、スケッチを作成する面として選択した輪郭が自動で抽出されます。そのため、『スケッチ作成』をクリックして、作成した形状の面をクリックし、何もスケッチせずにスケッチを停止するだけで、選択した面の輪郭がスケッチとして出来上がります。そして、スケッチ ...

Fusion360で作成したモデルを3Dプリンタ用のSTLデータに出力する場合は、画面左のブラウザのコンポーネントを右クリックしてSTL形式で保存するか、3Dプリントというボタンをクリックして変換します。STL形式で保存を実行した場合には、構造を1ファイルにまとめるか、ボディご ...

Fusion360に外部のファイルを読み込む場合、ファイルの開く、もしくは、データパネルのアップロードを選択します。アップロードをクリックした場合、下図のような画面が出てきます。「ファイルを選択」をクリックして、読み込むファイルを選択するか、ドラッグ&ドロップでフ ...

Fusion360に外部ファイルデータを読み込んできた場合の修復と修正方法について説明します。外部ファイルをアップロードしたり、開くから取り込んでくると(方法については、こちら)、「デザイン履歴をキャプチャしない」設定になっています。下のタイムラインがない状態(詳 ...

2019年2月16日(土)Fusion360 meetup Vol.15の中で、『Fusion360ユーザーカード』が発表されました。Fusion 360 ユーザーカードは、12項目から数値化したFusion 360パワーを表したカードを指します。Fusion 360の習熟度、得意不得意、コミュニティ力、MAKE力などが一目瞭然 ...
<姉妹サイト>
3DdoFactory - 岩手県から日本の製造業を応援ーものづくり製造業の3次元CAD,CAM,CAE,3Dプリンタ,3Dスキャナ,リバースエンジニアリングについて学習・勉強できる情報サイトーhttps://3ddofactory.com
いわて3D通信ー岩手県内の3Dに関する情報をまとめて発信ー岩手県内で3Dを活用している企業や学校の紹介や3次元設計・加工技術・生産技術に関する情報提供サイトーhttp://iwate3d.blog.jp

↑このページのトップヘ